適度な負荷か、それとも限度負荷か、どちらが効率的なのか?

限界負荷をかけるトレーニングとは


トレーニング方法にも様々なあります。その中でも筋肉を大きくする為には過度な負担をかけてトレーニングを行うのが効果的と言われています。具体的に言えば10回程度で限界がくるウエイトをかけてトレーニングを行います。10回を1セットとして、2~3セット行うのが良いです。大きな筋肉から初めて、徐々に小さい筋肉のトレーニングに移っていきます。
このパターンのトレーニングを行う場合には幾つか注意点があります。この場合だとかなり体に負荷がかかっています。そのため体に無理がかかっていると感じた場合には、すぐに中止しなければなりません。また、かなり重たいウエイトを利用する事になるので、ウエイトの落下には注意する必要があります。一回行ったら2日は休む必要があります。

適度な負荷をかけるトレーニングとは


逆に適度な負荷をかける方法もあります。こちらの方法では、筋力をアップさせる事は出来ませんが、その代わりに代謝が上がります。また持久力もかなり上がる場合が多いです。この方法は30回~50回程度で限界がくるウエイトで負荷をかけます。こちらの方法は、負荷をかけると継続して行う事ができますが、毎日続けていると筋肉に疲労がたまっていき、大怪我の原因となる場合が行いです。そのため一週間に一回程度は急速する必要があります。
このように筋肉を大きくして筋力アップを目指すのであれば、過度な負担をかけるトレーニングを行い、代謝をあげたり持久力を上げるためのトレーニングを行う場合には、適度な負荷をかけるトレーニングを行う必要があります。